ドナルド・トランプ 米大統領

7/22@記者会見
中国の在外公館の追加閉鎖はあり得る。閉鎖を求めた領事館ではみんな「火事だ、火事だ」と言っていた

(写真=AP/アフロ)

米政府は7月21日、米ヒューストンの中国総領事館を3日以内に閉鎖することを通告した。同日夜には領事館内の中庭で書類が燃やされ、消防が出動する騒ぎとなった。領事館関係者が機密文書を処分したもようだ。ポンペオ米国務長官は23日の演説で領事館が「スパイ活動の拠点だった」とし、各国で協力して中国の強硬路線を修正する必要性を訴えた。中国政府は24日、成都市にある米総領事館の閉鎖を通知し対抗した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り868文字 / 全文1139文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。