全1484文字

2018年の西日本豪雨から2年たった今でも、広島県東広島市では復興工事の終わりが見えない状況だ。人手不足などを背景に、入札の4割が「不成立」という。遅々として進まない地方の対策工事は、災害大国ニッポンの課題を浮き彫りにしている。

今回の豪雨は各地に深い爪痕を残した(広島県東広島市)(写真=共同通信)

 熊本県南部を中心に死者・行方不明者が80人を超えた九州豪雨。被害は列島各地に広がり、広島県の東広島市河内町宇山では土砂崩れで親子2人が死亡した。

 東広島といえば、200人以上の犠牲者を出した2018年7月の西日本豪雨で被害が大きかった地域の一つだ。250戸超が全半壊し、関連死を含めて東広島市での死者は20人に及んだ。