米アマゾン・ドット・コムがレジ機能を備えた買い物カートを公開した。米国で年内開業の食品スーパーに導入する。レジ付きカートは人手不足を背景に日本企業が先行し、福岡発祥のトライアルHDは既に2000台を取り入れている。コロナ下で必要な機能と判断したアマゾンを世界の小売り大手が注視しており、新・買い物方式として浸透しそうだ。

 アマゾンは7月15日、かごに商品を入れながら自ら決済作業もできる小売店用カート「アマゾン・ダッシュカート」を公開した。2020年中に米カリフォルニア州にアマゾンが開業する新たな食品スーパーに導入するという。

<span class="fontBold">アマゾンは新型カートを公表した</span>
アマゾンは新型カートを公表した

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1066文字 / 全文1337文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。