大手4社の2020年上半期のビール類推定シェアで、キリンビールがアサヒビールを11年ぶりに抜き首位となった。巣ごもり消費の加速で、業務用に強いアサヒが苦戦し、家庭用に強いキリンが優位に立っている。ノンアルコール商品の需要増など、新型コロナ危機の下で消費に変化が見える。酒類市場の構造転換が始まった。

11年ぶりに首位が逆転したもようだ
●2020年上半期の国内ビール類推定シェア
注:市場全体の販売数量の推定値とアサヒ以外の3社の開示資料を基に算出(写真=下:的野 弘路)

 7月10日、ビール大手4社が2020年上半期(1~6月期)のビール類(発泡酒、第3のビールを含む)の販売動向を発表した。アサヒビールは「過剰なシェア争いをやめるため」(塩澤賢一社長)、今年から販売数量の開示を取りやめた。基礎的統計が失われることに業界内外から批判が噴出。19年通年のシェアでアサヒビールは首位の36.9%だが、キリンビールが35.2%と肉薄しており、「勝ち逃げをするためではないか」との声まで上がっていた。

 本誌は上半期の各社のシェアを独自に推計した。20年上半期の全体のビール類の販売数量は流通業界への調査などから前年同期比約90%だったと大手各社はみている。この数字からアサヒを除く3社の上半期の販売数量(各社の開示データから本誌算出)を引くとアサヒの販売数量の推定値が導ける。

 それによるとアサヒのシェアは34.2%でキリンは37.6%。あくまで推定値だが業界からも「両社のシェアは逆転した」との分析が出ている。キリンの上半期首位は0.6ポイント差で辛勝した09年以来11年ぶり。3ポイント以上の差でキリンが首位となるのは00年上半期(3.5ポイント差)以来、20年ぶりだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り747文字 / 全文1403文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。