米ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「プレイステーション5」の本体外観を明らかにした。新たに判明したのが光ディスクドライブ非搭載の機種で、筆者は価格が399ドルになると予想する。ただそれだけでは米グーグルなどが力を入れるクラウド型と差を付けにくい。音声認識など「隠し球」がありそうだ。

PS5は光ディスクドライブ非搭載モデルも用意した

 米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が6月、「プレイステーション5(PS5)」の本体外観を明らかにした。競合する米マイクロソフトは次世代機「Xbox Series X」の外観を既に公表しており、これで2020年に発売予定の次世代ゲーム機のデザインが出そろった。

 新たに判明したのが2種類のPS5の存在だ。4Kに対応する光ディスクドライブの搭載モデルと、ドライブ非搭載の「デジタル・エディション」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り999文字 / 全文1368文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。