ドナルド・トランプ 米大統領

7/4@独立記念日式典
我々は、急進左派を打ち負かす過程にいる。マルクス主義者や無政府主義者、扇動者、略奪者などだ

(写真=AP/アフロ)

人種差別を巡る抗議デモが過激化し、一部では略奪行為などが問題になっている。暴徒化の背景には過激派団体が暗躍しているとの見方もあり、トランプ大統領は5月31日、極左集団「アンティファ」をテロ組織に指定すると表明していた。独立記念日の演説でも、急進左派を重ねて批判した。トランプ大統領は本来混乱を収拾すべき立場だが、デモを巡っては不適切な発言も多く、批判が高まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り880文字 / 全文1139文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。