全1424文字

アフリカやインドを襲っている脅威は、新型コロナウイルスだけではない。トウモロコシや小麦など農作物を食い荒らす「サバクトビバッタ」が大量発生し、活動する地域を広げている。現地ではすでに食料不足が深刻になっている。日本の食卓への影響はあるのだろうか。

サバクトビバッタによる被害はアフリカ東部で続き南西アジアで増加(写真=AP/アフロ)

 「脅威はアフリカ東部で続き、南西アジアで増加している」。国連食糧農業機関(FAO)は7月3日に発表した報告書で、サバクトビバッタの影響が各地に広がっている現状を説明した。

 FAOによると、西アフリカのモーリタニアからインドにわたる約30カ国で被害が出ると予測されている。すでにトウモロコシや小麦、野菜などを食い荒らされ、食料不足が深刻になっている地域もある。2020年に東アフリカで2500万人が、イエメンでは1700万人が飢餓に陥ると警告している。

 サバクトビバッタはアフリカから中東、インドなどにかけて生息している。FAOによるこのバッタの呼び名は「世界で最も破壊的な害虫」。その理由は、毎日自分の体重と同じ量の植物を食べるからだ。成虫4000万匹を含んだ1km2の群れは、1日に3万5000人分の食料を消費してしまう。