「デジタルフォレンジック(電子鑑識)」と呼ばれる捜査手法が、容疑者検挙の決定打になる事件が増えている。スマホやパソコンを解析し、所有者の言動を解き明かす新時代の捜査が現職国会議員である河井夫妻も追い詰めた。一方、データ保護技術の進歩で年々解析は難しくなっている。捜査機関からメーカーに協力を求める声が高まってきた。

衆院議員の河井克行氏(左)と妻で参院議員の案里氏(右)。捜査当局はスマホに残る位置情報から2人の足取りを追跡した(写真=共同通信)

 昨年春、河井克行衆院議員と妻の案里氏は、選挙区がある広島の市議、県議らの事務所や自宅を手分けして訪ね歩いていた。参院選を控えていた案里氏への票の取りまとめを期待して、現金を配っていた疑いがある。

 地元議員たちが黙っていれば、決して現金授受が露見することはない。夫妻はそうたかをくくっていたのだろうか。だが、夫妻が持ち歩いていたスマートフォンが買収疑惑の現場を“記録”していた。

 それから1年余り。今年6月、2人は公職選挙法違反の疑いで逮捕された。河井夫妻を追い詰めたのはスマホやパソコンから証拠となるデータを抽出する「デジタルフォレンジック(電子鑑識)」と呼ばれる捜査手法だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り954文字 / 全文1409文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。