全1529文字

食べログなどグルメサイトのビジネスをインスタグラムが脅かしている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外食向け機能を充実させたため飲食店も閲覧者もインスタに集まり始めた。集客力を前提に店舗からの利用料に頼るグルメサイトは、無料のプラットフォーマーに有効な対抗策を打てずにいる。

インスタグラムの利用が急増(「本家たん熊」のページ)

 1928年創業の京都市の会席料理店「本家たん熊 本店」は5月中旬、インスタグラムでのテークアウトとデリバリーの受け付けを始めた。「料理を注文」ボタンを押せば、外部の予約システムにつながる。新型コロナで苦しむ外食店を支援しようと、インスタグラムが4月下旬に設けた新たな機能だ。

 50~60代の常連客もインスタを見て買いに来てくれるという。インスタ効果でデリバリーとテークアウトの売上高は3割増。栗栖純一若主人は「不正確な口コミが氾濫するグルメサイトよりオフィシャルな情報を発信できるインスタの方が正しい店のブランドイメージが伝わる」と話す。