積水ハウスはブロックチェーンを活用し、賃貸住宅の入居希望者の情報を複数企業で共有する仕組みを構築した。物件内覧や引っ越し、ガス・水道・電気の契約などを簡素化するワンストップサービスを2020年度内に始める。ブロックチェーンの技術が広がり、データの共有によって社会の無駄を省こうとするサービスが次々に生まれそうだ。

引っ越しから電気・ガスまでワンストップで手続き
●積水ハウスが年度内に始める新サービス

 不動産仲介業者や運送会社と契約し、電気、ガス、水道それぞれの事業者に連絡して確認書類を提出──。引っ越しのたびに当然のように発生していた煩雑な手続きをテクノロジーの力で解決できないだろうか。そう考えた積水ハウスは賃貸住宅「シャーメゾン」に入居する人向けに、引っ越しの際に必要な手続きをワンストップで終えるサービスを年度内に始める。

 賃貸入居契約の際に記入してもらった個人情報を使ったり、スマートフォンの利用者情報を通信会社から提供してもらったりして、ライフラインや引っ越しの業者で使い回す。データを改ざんできず、強力な本人確認が可能なブロックチェーンを活用。客は個人情報の利用に同意すれば、積水ハウスと提携する事業者を選ぶだけで自動的に引っ越し先のライフラインが開通する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り631文字 / 全文1130文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。