私鉄大手の東武鉄道と東京メトロが通勤時間帯に、埼玉県と東京都心を結ぶ「座席指定車」の運行を始めた。すべての席が指定で、通常の列車より混雑を避けられる。アフターコロナの暮らしに親和性があると見込んでいる。ただ、座席指定車の前後が混み合う懸念から、同様のサービスを中断した鉄道会社もあり、判断が割れている。

THライナーは全席指定制

 「アフターコロナの新しい生活様式に合致している」。6月6日から朝と夕のラッシュ時に運行を始めた「THライナー」について、東武はこう説明する。東京メトロの地下鉄日比谷線に乗り入れ、埼玉県の久喜駅や春日部駅と、東京都心の霞ケ関駅や恵比寿駅をつなぐ。

 新型コロナが発生する前から計画していたサービスだったが、感染拡大を受けて満員電車を避けたいという需要が高まった。乗車券に加えて片道580~680円の追加料金が必要ではあるものの、安定して売れるとみている。座席は約300人分だ。

 実際に乗ってみると、鉄道会社の工夫が伝わってくる。コストを削減するため、シートの位置を変えて通常の車両としても使えるようにしてある。THライナーとして走る場合は座席を進行方向に向け、ゆったり座れるシートにする。窓を背にしたかたちに切り替えれば、通常の列車として使える。

通常の列車の座席位置を写真のように変える

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り814文字 / 全文1345文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。