新型コロナウイルスの感染爆発が起きたニューヨークで、抗体検査を受けてみようと思い立った。近くの検査所を調べると、出てきたのは民間企業が展開する診療所チェーンの拠点。トランプ米大統領が発表した方針ではPCRを含む検査が民間に開放されていた。体験で見えた企業の利点とは?

<span class="fontBold">筆者がPCR・抗体検査を受けたシティMDの拠点</span>
筆者がPCR・抗体検査を受けたシティMDの拠点

 新型コロナウイルスの感染拡大によりニューヨーク(NY)州のアンドリュー・クオモ知事が外出禁止令を出してから10週間。感染爆発が起きたNY市でも新規感染者数が減り、経済活動再開に向けた準備段階に入ってきた。クオモ知事が再開の条件として掲げたのが、「十分な検査体制の確立」。その「手触り」を感じようと検査を受けに行ってみた。

 NY市は5月初旬、感染歴の有無を調べる抗体検査を誰にでも無料で提供し、PCR検査も5月25日までに1日2万件を処理できる体制を整えると発表していた。PCR検査は症状が出ている人や医療従事者、食料品店の店員などに限定されていたため、抗体検査のみ受けようと考えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り874文字 / 全文1307文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/