ドナルド・トランプ 米大統領

5/6@記者団に
我々が経験した最悪の攻撃だ。真珠湾や世界貿易センタービルよりもひどい。決して起きるべきではなかった

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から広がったとの見方を強めているトランプ米大統領。旧日本軍による真珠湾攻撃や2001年の米同時多発テロを引き合いに出し、「発生源で止めることができたはずだ」と中国の対応を批判した。米政権は新型コロナウイルスが拡散した責任を問うとして中国に対する報復措置の検討を始めている。中国側はこうした米国の動きに強く反発しており、米中間の対立が激化しそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り819文字 / 全文1090文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。