新型コロナウイルスに伴う経済活動の停滞によりフランチャイズチェーン(FC)ビジネスを巡る問題が再び浮上している。カプセルホテルのファーストキャビンのように本部の破産例も出た。後ろ盾を失う加盟店の立場は苦しい。大手資本とFCオーナーという“上下関係”のため、危機への備えが手薄だった面も指摘されている。

<span class="fontBold">ファーストキャビンは4月、破産を申請。直営店は営業終了し、FC店はオーナーの判断に委ねる。写真は都内の直営店</span>
ファーストキャビンは4月、破産を申請。直営店は営業終了し、FC店はオーナーの判断に委ねる。写真は都内の直営店

 「FC本部とうちは別会社。営業を継続するかどうかはまだ分からない」。カプセルホテル運営のファーストキャビン(東京・千代田)のFC店の責任者は日経ビジネスの取材にこう答えた。

 ファーストキャビンとその関係会社4社は4月24日、東京地裁に自己破産を申請した。ホテル業界の競争激化で業績が悪化していたところに新型コロナの感染拡大による需要急減が直撃し、事業継続が困難になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り964文字 / 全文1307文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/