ドナルド・トランプ 米大統領

4/21@記者会見
ウイルスの影響で解雇された米国民が、外国から流れ込む移民労働者にとって代わられるのは間違っている

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は4月22日、一部移民の受け入れを停止する大統領令に署名した。新たに米国永住権を得るために入国する外国人の受け入れを60日間停止する。トランプ大統領は「経済活動の再開時に米国民が優先して職を得られるようにする」と話し、保守派の支持層に向けて「米国第一」の姿勢を強調。一方で、移民に支えられる国内の農業やIT業界に配慮して限定的な措置にとどめたとみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り833文字 / 全文1094文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。