感染者の新規増加数が依然として高水準のイタリアやスペインの国民生活や経済は限界に追い込まれている。国際通貨基金(IMF)が4月に発表した20年の経済成長率の予測では、軒並みダメージを受ける欧州各国のなかでもイタリアがマイナス9.1%、スペインはマイナス8%と落ち込みが大きい。

 イタリア経済界は経済活動再開を度々訴えており、政府は5月4日から封鎖の段階解除に踏み切る。23日には北部ロンバルディア州で抗体検査を始め、1日当たり2万件の検査をする見込みだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2667文字 / 全文4188文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。