新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する米国で「エッセンシャルワーカー」の抗議運動が活発になっている。エッセンシャルワーカーとは、人々の健康や生活を支えるために自宅外で働く人々のこと。中でも注目を集めているのが米アマゾン・ドット・コムの物流倉庫で働く従業員たちによる「反乱」だ。

<span class="fontBold">アマゾンに抗議するスモールズ氏</span>(写真=Spencer Platt/Getty Images)
アマゾンに抗議するスモールズ氏(写真=Spencer Platt/Getty Images)

 「調子はどう?」。米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)がサプライズで同社のある物流倉庫を訪れたのは4月8日のことだ。場所は明らかにされていないが、ダラス近郊だったとされる。その動画を同社がツイッターに上げると、「なぜ(ニューヨーク市内の)スタテンアイランドの倉庫ではないのか」「彼らを守れ! 賃金を払え! 敬意を払え!」などの書き込みが殺到した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り960文字 / 全文1295文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。