ドナルド・トランプ 米大統領

4/2@ツイッター
サウジアラビアとロシアは(日量)約1000万バレル減産すると期待している。実現すれば素晴らしいことだ!

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は4月2日、サウジアラビアとロシアに石油減産を働きかけていると明かした。この発言を受け、米株式市場ではエネルギー株が上げに転じ、原油価格は急騰した。新型コロナウイルスによる外出制限などの影響でガソリン価格は大幅に下落しており、経営破綻に追い込まれたシェール企業もある。トランプ大統領は支持基盤のエネルギー産業のため相場回復に動いているが、大規模減産が実現するかどうかは不透明だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り901文字 / 全文1177文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。