全1347文字

新型コロナウイルスの感染拡大が招いた資源価格の下落が、総合商社各社の業績を揺るがしている。過去最高益が相次いだ昨春から一転、丸紅が赤字に転落するなど厳しい春を迎えている。伊藤忠商事の岡藤正広会長CEOは、「利益よりもじっと我慢だ」と忍耐を説く。

4月1日の伊藤忠商事の入社式。本社入り口にレッドカーペットを敷き、岡藤正広会長CEO(右)と鈴木善久社長COOらが新入社員を出迎えた

 「こんなときに(グループ会社に)無理な予算を押しつけて、利益を出せと言ってはいけない」

 4月1日、伊藤忠商事の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は、新型コロナウイルスへの対応についてこう述べた。

 同日予定していた入社式は中止。代わりに「世の中は暗いが、新入社員の人生の門出を祝いたい」と、岡藤会長らが本社玄関で新入社員を一人ひとり拍手で出迎えた。ただ、新入社員は簡単な説明を受けた後に在宅勤務に入った。例年のような集合研修ができなくなるという。