マイクロソフトとソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)がそれぞれ次世代ゲーム機の仕様を明らかにした。いずれのハードも本体仕様には大差がないが、スマートフォンなどと差異化するには「没入感」が欠かせない。SIEが投入する「PlayStation 5」では、「聴覚」に加え業界では鬼門とされる「触覚」を生かせるかが問われる。

<span class="fontBold">マイクロソフトが披露した次世代機「Xbox Series X」</span>
マイクロソフトが披露した次世代機「Xbox Series X」

 米マイクロソフトと、ソニーグループでゲーム事業を手掛ける米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は3月中旬、年末商戦にそれぞれが発売する予定の次世代ゲーム機の仕様を明らかにした。本来は16~20日に米サンフランシスコで開催予定だった世界最大級のゲーム開発者会議で発表予定だった。新型コロナウイルスの影響で中止になったことからオンラインでの発表に切り替えた。

 両社とも「隠し玉」を準備しているためか、マイクロソフトの「Xbox Series X」とSIEの「PlayStation 5(PS5)」の本体仕様は大差がない。ハイエンドの「ゲーミングパソコン」のような仕様で、実写映像のようなCG(コンピューターグラフィックス)を表示でき、8K映像にも対応。いずれも現行機のゲームをプレーできる「下位互換性」を備えているため、買い替えを促しやすい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り848文字 / 全文1403文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。