携帯大手が次世代通信規格「5G」による商用サービスを開始した。スポーツの試合や音楽ライブの臨場感をより味わえるのが強みだが、イベント自粛で水を差された格好に。技術の進化で、固定通信のサービスを移植するという「成功の方程式」が使えないことも迷いにつながっている。

<span class="fontBold">ドコモは5Gを盛り上げるため対応スマホのほかメガネ型端末も発売する</span>
ドコモは5Gを盛り上げるため対応スマホのほかメガネ型端末も発売する

 「今までにない新たなサービスや体験価値を創造して世界を変える」

 こう意気込むのは、3月25日に次世代通信規格「5G」の商用サービスを開始したNTTドコモの吉沢和弘社長だ。5Gは当初の通信速度が毎秒最大3.4ギガビットと現在主流の「4G」の3倍近い。しかも6月には同4.1ギガビットとなる。導入に合わせ、使い放題になる新たなキャンペーンプランも導入。当初の利用エリアは駅やスタジアムなど150カ所程度に限られるが、1年後に500都市をカバーする。ドコモでは2024年3月までに5G対応スマホを2000万台普及させたい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1013文字 / 全文1413文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。