ファクタリングを利用した給料前払いサービスについて、金融庁が貸金業法の対象となるとの見方を示した。「資金の貸し借りではなく、債権の売買」とする業者側の主張を覆すものとなった。異なるやり方で前払いサービスを提供する業者も「イメージが悪くなる」と困惑し、波紋が広がっている。

<span class="fontBold">金融庁は給料ファクタリングを貸金業に該当するとした</span>
金融庁は給料ファクタリングを貸金業に該当するとした
[画像のクリックで拡大表示]

 「給料前払い」をうたい文句にするサービスが増えているが、お上から注文が付いた。金融庁は3月6日、こうしたサービスに関して、貸金業に該当するものがあるとの見方を初めて示した。貸金業であれば、前払い業者が受け取ってきた「手数料」に対し、貸金業法の上限金利が適用されることになる。金融庁の見解に該当しない形でサービスを提供する業者からは「混同されたくない」と困惑の声が上がる。

 今回、金融庁が対象としたのは、「ファクタリング」と呼ばれるサービスを利用して給料を前払いするもの。ファクタリングとはもともと、事業者が取引先に対する売掛金を第三者に売却し、その売掛債権の決済日前に当座の資金を調達する手法だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り915文字 / 全文1357文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。