新型コロナウイルスの感染拡大と小中高の休校要請で、日本の消費行動が変わりつつある。テレワークをする自宅の作業環境の改善や、休校になった子供と過ごす時間のための買い物が急増している。一過性の消費にも見えるが、魅力を知れば定着するものがある。暮らしが変わる可能性を秘めている。

<span class="fontBold">カインズでは照明の売れ行きがいい。2月中旬から机用が前年比3割増、クリップ型が7割増という</span>
カインズでは照明の売れ行きがいい。2月中旬から机用が前年比3割増、クリップ型が7割増という

 意外なモノが各地で売れ始めた。「冷凍庫がよく売れる」というのはケーズホールディングス。3月初旬の販売数量は前年同期比6割増えた。6~8月が需要期だが冷凍食品などをまとめ買いして保存するため引き合いが強まったようだ。

 自宅に籠もるための用品は売れ行きがいい。ヨドバシカメラでは人生ゲームや海外ボードゲームの2月末の売り上げが同5割増。丸善ジュンク堂書店は「『学習参考書』がよく売れる」という。ただ、こうした特需は事態が収束すれば元に戻る一過性の消費だ。新たな売れ筋の中に人々の生活習慣や消費動向を変える種が見える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り927文字 / 全文1326文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。