レオパレス21の臨時株主総会が開かれ、村上世彰氏が関わるファンドによる株主提案が否決された。大株主の一角、個人株主などが現経営陣側についたことが要因とみられる。主力のアパートサブリース事業のカギとなる「入居率」には回復の兆しもあるが、再建の先行きは不透明だ。

 「会社が再建に向かっている最中に、ハゲタカファンドに付け入る隙を与えてどうするのか」──。会場で目立ったのは賃貸アパートのオーナー株主たちだった。

 施工不良問題に揺れるレオパレス21の臨時株主総会が2月27日、都内で開かれた。同社の大株主で村上世彰氏が関わるファンドのレノ(東京・渋谷)が求める取締役1人の選任議案の行方が焦点だったが、過半数の賛成は得られなかった。村上氏系のファンド、英運用会社のオデイ・アセット・マネジメントと並ぶレオパレスの3大株主で、2月7日時点で17.12%を保有しているアルデシアインベストメントが「株主提案に賛成しなかった」(レオパレス関係者)ことが、今回のレノの株主提案が否決された直接の原因とみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り779文字 / 全文1234文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。