全1524文字

前田建設工業に敵対的TOBを仕掛けられた前田道路が2020年3月期に535億円の特別配当を実施する構えだ。前田建設の狙いは前田道路の豊富な現預金とされるが、その現金の大半を吐き出せば、TOBを断念するのでは。そんな見立ての下に「捨て身の焦土作戦」に打って出た。だが、この前代未聞の奇策には知恵袋がいた。

前代未聞の奇策を繰り出した前田道路。一種の賭けは通じるか

 前田道路は2月20日、1株当たり650円、総額535億円の特別配当を2020年3月期に実施することを臨時株主総会に付議すると発表した。これまで計画していた配当を含めると今期の配当総額は約615億円。前田道路の19年末の現金および現金同等物は連結ベースで850億円超だから、手元にあるお金の7割超を吐き出す計算だ。

 奇策に出た背景には、前田道路株を24%超持つ前田建設工業が実施中のTOB(株式公開買い付け)がある。前田建設は51%を上限に株式を買い増し、前田道路の子会社化を目指す。これに反発した前田道路がTOB成立阻止を狙い、前代未聞の策に打って出た。