全1475文字

ネットフリックスなど強豪ひしめく動画配信サービスに、スマホと短編動画に特化した新プレーヤーが登場する。映画監督のスピルバーグ氏も支持し、イーベイ元CEOのメグ・ホイットマン氏がCEOを務める米クイビーだ。スマホが縦か横かで動画や広告の映像を切り替える「ターンスタイル」を武器に会員を集められるかどうかが注目だ。

スマホが縦か横かで映像の内容やアングルが自在に変化する

 2020年4月、「モバイル特化」をうたう、新たな動画配信サービスが米国で始まる。手掛けるのは米クイビー(Quibi)。映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏なども支持し、出演者に有名俳優を集めるなど華々しいデビューを飾る。

 クイビーは今年1月の「CES」で初めてサービスの詳細や事業戦略を明らかにした。配信基盤として米グーグルのクラウドを用い、米携帯通信大手TモバイルUSと提携するなどパートナーの顔ぶれも豪華だ。

 クイビーは18年にロサンゼルスで創業した新興企業。それでもCESの基調講演に登壇できた理由はその豪華メンバーにある。