京セラが一世を風靡した技術の「転地」に動いている。ターゲットは自動運転分野だ。新領域に挑む裏には、京セラが蓄積してきた技術が生きるとの判断がある。それがPHSとカメラの技術。PHSは2020年夏にサービスが終了、カメラもすでに事業撤退しているが、脈々と受け継いだ技術が息を吹き返す。

<span class="fontBold">自動運転バスのデモの様子</span>
自動運転バスのデモの様子

 東日本大震災で被災し、損壊の激しい線路が一部残るJR気仙沼線。JR東日本は線路の上などに専用道路を敷き、BRT(バス高速輸送システム)の運行に切り替えている。そんな気仙沼線で、2月14日、自動運転バスの実証実験が報道陣に公開された。

 JR東日本や京セラ、ソフトバンクなど10社が自動運転バスを走らせたのは、気仙沼線BRTの柳津駅から陸前横山駅(共に宮城県登米市)までの約4.8km。ドライバーが同乗し、緊急時には運転する「レベル2」に相当する。専用道に設置された磁気マーカーの情報を読み取り、無線通信で位置情報を把握しながらバスを自動走行する仕組み。この日は、最高時速60kmで車線を維持しながら安全に走れることを確認した。実用化の時期は未定だが、人手不足解消への期待がかかる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り886文字 / 全文1375文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。