トランプ米政権が就労ビザの発給を制限する中、インドのIT人材が米国以外の国・地域での就職を目指し始めた。人材不足に悩む日本の産業界には好機到来。インドの優秀な人材を日本企業に紹介するビジネスも立ち上がる。もっともインドの人材に食指を動かす国は多い。買い手市場にあぐらをかいていられる状況ではない。

<span class="fontBold">インド工科大学を卒業する学生たち</span>(写真=Hindustan Times/Getty Images)
インド工科大学を卒業する学生たち(写真=Hindustan Times/Getty Images)

 米IBMのCEO(最高経営責任者)が4月、8年ぶりに交代する。現職のバージニア・ロメッティ氏の後を継ぐのはアービンド・クリシュナ上級副社長。インド工科大学カンプール校を卒業後、米国に留学し、1990年にIBMに入社した。IBMにとって初のインド出身CEOとなる。

 米IT(情報技術)業界を見渡せばグーグルの親会社アルファベットのスンダー・ピチャイCEO、マイクロソフトのサティア・ナデラCEOなど、既に数多くのインド出身者が活躍している。インドの大学では工学部の人気が高く、毎年150万人が卒業する。多くの学生はグーグルやフェイスブックなど世界的な米IT企業への就職を夢見ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1118文字 / 全文1568文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/