日産自動車の2019年10〜12月期の最終損益は260億円の赤字(前年同期は704億円の黒字)だった。第3四半期の最終赤字は11年ぶりで、株価は10%近く下落。時価総額は5年前の4割となった。仏ルノーの出資を受けた1990年代末、リーマン・ショック後に続く「3度目の谷」に直面している。

就任後初の決算会見に臨んだ内田誠社長兼CEO(写真=つのだよしお/アフロ)

 「日産車、さらに1000ドル値引きします」──。2019年に日産の新車販売が134万台と前年に比べ1割減った米国では今、こうしたテレビコマーシャルが流れている。2月6日からのシカゴ自動車ショーでも、日産のブースは閑古鳥が鳴いていた。

 日産にとり北米は業績立て直しに向けた構造改革の最前線だ。リーマン危機後は、当時トップだったカルロス・ゴーン氏が北米を突破口に復活を果たした。11年度に140万台だった販売台数は、16年度には213万台に達した。5年で5割超伸びた計算だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り828文字 / 全文1213文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。