ドナルド・トランプ 米大統領

2/4@一般教書演説
米国は英雄の地だ。偉大さが生まれ、運命が切り開かれ、伝説がよみがえる

(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は「偉大な米国の復活」をテーマに一般教書演説をした。今年11月の大統領選を見据え、「たった3年間で米国の衰退を打ち砕いた」などと雇用創出や通商政策をはじめ、就任後の経済政策の実績を強調した。民主党では大統領選挙の候補指名争いが2月3日にスタートしている。民主党に対する直接的な批判はなかったものの、「米国の医療保険制度を社会主義に破壊させない」などと対決姿勢を暗に示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り881文字 / 全文1136文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。