全1406文字

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の地方政府の混乱が目立っている。背景には、中央政府の顔色を過度にうかがう地方政府の幹部や役人の体質がある。感染拡大を早期に食い止められなければ、国民の批判の矛先は習近平指導部にも向かいかねない。

武漢市の初動対応が感染拡大を招いたとの見方がある(写真=新華社/アフロ)

 「1月26日午後2時から公共交通機関の運行を停止し、27日午前0時からは特別の事情がある場合や物資搬入を除き、車両や船、人が市内に入ることを禁止する」

 広東省汕頭市政府が突然、上記の発表をしたのは1月26日の午前10時半ごろだった。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を食い止めるために事実上封鎖された湖北省武漢市の措置に倣ったものだ。ところが、そのわずか2時間半後、汕頭市は「封鎖の撤回」を発表した。

 湖北省と汕頭市は遠く離れており、市民にとって封鎖の告知は晴天のへきれき。汕頭市民がパニックに陥るのも無理からぬことであった。「通告が出されてから30分後には人がスーパーに群がり、米を奪い合った」。SNS(交流サイト)の「微博(ウェイボ)」には、こう書き込まれている。当局はその混乱ぶりを見て慌てて撤回した。ずさんとしか言えない決断は、なぜ起きたのか。