ドナルド・トランプ 米大統領

1/29@ホワイトハウスでの署名式
米国史上初めて、我々は悲惨な貿易協定を、真に公平で互恵的な協定に置き換えることができた

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は1月29日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新しい貿易協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」の実施法案に署名した。カナダが手続きを終えれば発効する。トランプ大統領は署名式に労働者や農家などを招待し、11月の大統領選に向けて成果をアピールした。新協定は原産地に関する新規則を含み、自動車の構成部品のうち北米で生産される比率を引き上げる。米国への生産回帰を促す狙いだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り925文字 / 全文1201文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。