SOMPOホールディングスは自動車保険を解約した高齢者に、駐車場を貸し出すサービスへの登録を勧めている。運転免許を返納し自宅駐車場が遊休スペースとなっている高齢者を、シェアリングサービスに取り込むのが狙いだ。社会的な課題となった高齢ドライバー対策を、新たな商機とする動きはこれからも広がりそうだ。

(写真=アフロ)
(写真=アフロ)

 相次ぐ交通事故で問題となった高齢ドライバー。認知機能や身体の衰えから、「次は我が身」と危機感を抱く高齢者は少なくない。警察庁の「運転免許統計」によると、2018年の運転免許の自主返納数は42万1190人で、5年前の約3倍となった。80歳以上が43%を占めており、子供が親に免許返納を勧めるケースもある。

高齢者の免許返納数は増えている
●80歳以上の申請による運転免許取り消し数
<span class="fontSizeM textColTeal">高齢者の免許返納数は増えている</span><br /><span class="fontSizeS textColTeal">●80歳以上の申請による運転免許取り消し数</span>
出所:警察庁「運転免許統計」

 免許返納は今後も増え続けることが確実とみられるだけに、新たなビジネスにつなげようとする動きも出始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1014文字 / 全文1376文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。