依然、堅調とされる米国景気だが、製造業の活動を示す指標が弱含むなど、変調も見え始めた。大統領選を控えるトランプ米大統領はイランとの武力衝突を避け、景気に配慮する姿勢が鮮明に。中東リスクの後退で原油価格は落ち着きを取り戻しつつあるが、その裏に世界景気への懸念が隠れていないか。

(写真=AP/アフロ)
(写真=AP/アフロ)

 2020年に入り、世界経済最大のエンジン、米国景気の先行きに気になる兆候が出始めている。

 1月10日に発表された19年12月の米雇用統計。景気動向を示す非農業部門の就業者数が前月比14万5000人増となった。労働人口の伸びを維持するのに必要とされる約10万人を上回っているとはいえ、市場予測の16万人増を下回った。自動車や家電などの製造分野の就業者が1万人余り減少したことが響いたとみられている。19年全体の就業者数は約210万人増で、18年の約270万人増から鈍化した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り916文字 / 全文1297文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。