全5222文字

 JAL広報部は今も「定着と実践のための活動を続けている」とするが、稲盛氏が経営から手を引き、時の経過とともに熱量は下がっているようだ。

 「稲盛さんはよく『フィロソフィなきアメーバ経営は“お山の大将”を増やすだけ』と言っていた。そんな事態がJALに起こると心配だ」と大田氏は話す。なぜなら、小集団(アメーバ)が能動的に動くことで活力を生み出すアメーバ経営からフィロソフィが失われれば、それぞれのアメーバが個別最適を志向することになりかねないからだ。リストラでスリム化したとはいえ、JALのグループ人員は3万4000人に及ぶ。フィロソフィに対する意識が弱まれば、会社を救ったはずのアメーバ経営がかえって足を引っ張ることになる。