日本のアニメやゲーム業界が海外でのコンテンツ配信で頼る、新たなプラットフォーマーが台頭している。米ワーナーメディア傘下の企業が運営する「クランチロール」だ。無料会員数は世界で5000万人を誇る。アニメなどの動画に字幕を付けた「ファンサブ」の共有サイト、つまり「海賊版」がその起源だったとされる。

「NARUTO」など人気キャラクターが登場するスマホゲームの基盤にも

 日本のアニメーションやゲーム業界が海外展開で関係を深めているコンテンツ配信基盤がある。「Crunchyroll (クランチロール)」だ。200超の国や地域で配信しており、無料会員数は2019年8月時点で約5000万人、有料会員数は約200万人に達した。視聴できるアニメ作品の数は1000タイトル以上ある。

 日本のアニメはネットフリックスなどの動画配信大手でも「キラーコンテンツ」として位置付けられている。だが、「OTAKU(オタク)」と呼ばれるようなコアなファンにとってはクランチロールの方がなじみがあるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り872文字 / 全文1283文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。