ドナルド・トランプ 米大統領

12/8@ツイッター
金正恩委員長は賢明なので、米国に敵意を示せば全てを失うと理解している

(写真=ユニフォトプレス)

北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)関連の「重大な実験を実施した」と発表したことを受け、トランプ米大統領は警告を発した。トランプ氏は、数日前から軍事行動も辞さない構えを示し、実験の再開をけん制していた。2020年秋の米大統領選に向け外交成果が欲しいトランプ氏は米朝関係の悪化を望んでいないはずだと、北朝鮮側が高をくくっている可能性がある。今回の実験内容はエンジンの燃焼試験だったとみられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り929文字 / 全文1196文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。