ドナルド・トランプ 米大統領

11/28@記者団に
タリバンは我々と協議をしたがっている。今は停戦を望んでいる。我々は大きな進歩を遂げた

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は11月28日、アフガニスタンを電撃訪問し、反政府武装勢力タリバンとの和平協議に意欲を示した。大統領就任前からアフガンからの米軍撤退を訴えてきたトランプ氏だったが、9月上旬にはタリバンが米兵に奇襲攻撃を仕掛けたとして一方的に交渉を打ち切り、協議再開は困難との見方が広がっていた。タリバンは11月に3年以上にわたって拘束していた米国人らを解放。米側は「有望な兆候」と評価していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り863文字 / 全文1131文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。