ニューヨークのイエローキャブに、米テスラの「モデル3」が同市初のEVタクシーとして正式認可された。テスラは自動運転車両を使ったライドシェアサービスを計画しており、その第一歩とも受け止められる。同サービスには個人所有車も参加できるだけに、タクシー会社だけでなく日本車にも脅威となる可能性を秘める。

ニューヨークのイエローキャブは日本車が目に付く

 ニューヨーク名物のタクシー、イエローキャブにこのほど、米テスラの低価格EV(電気自動車)「モデル3」が加わった。現在、街で目に付くのはトヨタ自動車の「RAV4」や日産自動車の「NV200」といった日本車だが、ニューヨーク市のタクシー・リムジン協会の認可リストには確かに2019年製のモデル3が加えられていた。

 同市でEVタクシーが正式に認可されたのはモデル3が初めてという。13年からの数年間、日産のEV「リーフ」が実験的に運行していたが、15年に終了した。テスラ車をタクシーに採用する動きは、ほかにもオハイオ州やウィスコンシン州などでも出ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り897文字 / 全文1325文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。