フィンテックベンチャーが、証券業務のインフラを裏方として管理・運用するプラットフォームを立ち上げた。このサービスを利用すれば、証券会社として登録していない企業でも、株式や投資信託を取り扱える。小売業のポイントサービスなどとの連携が容易になることで、投資の裾野拡大につながる可能性もある。

「セゾンポケット」は、バースを活用したサービスの第1弾となる

 航空会社のマイレージサービス、ホテルや小売業のポイントプログラムを使って株式や投資信託を購入できる──。そんなサービスが当たり前になるかもしれない。

 クレジットカード会社のクレディセゾンは、11月12日から自社カード会員向けに、新しいスマホ証券サービス「セゾンポケット」を始めた。カード決済で投信や株式の購入、積み立てができるほか、カード決済時に付与される「永久不滅ポイント」も投資金に充てられる。本来、投信や株式を扱うには、「金融商品取引業者」として金融庁に登録する必要がある。だが、クレディセゾンはそうではない。今回のサービスが可能なのは、「BaaS(バース)」と呼ばれるシステムを外部の証券会社が提供する形をとったからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り940文字 / 全文1408文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。