富士フイルムホールディングスが米ゼロックスの買収を断念した。共同出資する富士ゼロックスのゼロックスの持ち株分を23億ドルで買い取り、ゼロックスとの関係を見直す。ゼロックスは米HPに買収を提案。再編機運も高まるが、富士フイルムにとっては見切って正解だったかもしれない。

富士ゼロックスの完全子会社化を発表する富士フイルムHDの古森重隆CEO(5日、東京・大手町)(写真=つのだよしお/アフロ)

 「向こうから言ってきた話を受け止めたが、それがダメだというなら仕方がない」。そう淡々と話したのは、富士フイルムホールディングスの古森重隆会長兼CEO(最高経営責任者)だ。

 富士フイルムは11月5日、難航していた米ゼロックス買収を断念すると発表。ゼロックスに23億ドル(約2530億円)を支払い、同社が保有する富士ゼロックスの25%分の株式を買い取り、富士ゼロックスを富士フイルムの100%子会社にすることも明かした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り944文字 / 全文1295文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。