全1295文字

任天堂が、中国当局から家庭用ゲーム機向けソフトの販売を認められた。日米欧に続く巨大な市場を攻略する糸口をつかんだ格好で、任天堂に対する投資家の期待も高まる。もっとも、ゲーム専用機が中国で成功すれば、任天堂の積年の課題の解消が遠のきかねない。

9月に発売した「ニンテンドースイッチライト」の出足は好調だ(写真=共同通信)

 中国でゲーム販売などを審査する当局が10月29日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のソフト「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」について販売を承認する通知を公表した。任天堂は今年5月、中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)と組み、スイッチを同国で販売する計画を表明していた。

 日米欧が主戦場の任天堂にとって、中国市場の開拓は悲願。同31日に開いた2019年4~9月期決算発表会見で、中国での承認通知について問われた任天堂の古川俊太郎社長は「順調に推移している」と説明したが、このとき、表情が緩んだのは、巨大市場に対する期待の表れかもしれない。

 スイッチの販売が伸びていることもあって、足元の業績は絶好調だ。4~9月期の連結営業利益は前年同期比53%増の942億円。9月に発売した携帯専用の「ニンテンドースイッチライト」も出足は好調。上期のスイッチ全体の販売台数は同37%増の693万台と大きく伸びている。