経営の混乱から資金繰りへの不安が浮上していた米ウィーカンパニーにソフトバンクグループが支援を決めた。約1兆円もの追加支援のほか、孫正義会長の「右腕」を再建役として送り込む。背水の陣で立て直しに臨むが、今後の展開によっては、格下げリスクなども背負うことになりかねない。

<span class="fontBold">SBGはウィーワークへの1兆円の支援とマルセロ・クラウレ副社長(右下)の“登板”を決定した</span>(写真=左上:ロイター/アフロ、右下:AP/アフロ)
SBGはウィーワークへの1兆円の支援とマルセロ・クラウレ副社長(右下)の“登板”を決定した(写真=左上:ロイター/アフロ、右下:AP/アフロ)

 「株式も負債も丸抱えするやり方は、それだけ資金繰りの確保に緊急性を要しているということだろう」

 大和証券の大橋俊安チーフクレジットアナリストがこう指摘するのは、経営の混乱から先行きが危ぶまれていたシェアオフィス大手、米ウィーカンパニー(ウィー)に対するソフトバンクグループ(SBG)の金融支援策についてだ。

 世界29カ国・地域でシェアオフィス「ウィーワーク」を展開するウィーは、創業者によるずさんな経営が明らかになり、今秋予定のIPO(新規株式公開)を撤回。資金繰りも不安視されていた。

 そのウィーに積極的な投資をしてきたのがSBGだ。同社が中核となる投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」と合わせ、100億ドル超を投じてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り902文字 / 全文1367文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。