全1991文字

米グーグルが既存のスーパーコンピューターを超える性能を独自開発の量子コンピューターで実証したと発表した。いわゆる「量子超越」を初めて確認したことを示す成果だ。これにかみついたのがライバルの米IBM。実際にできることが限られるうちは、成果も慎重に評価すべきだとの立場だ。「冬」の到来への懸念が背景にある。

量子コンピューターを見つめるグーグルのピチャイCEO(最高経営責任者、写真の左)。長年、研究してきたプロセッサー(右下)で成果を出した(写真=大:Google/ロイター/アフロ、右下:Google/AFP/アフロ)

 米グーグルがコンピューター史にその名を刻んだ。10月23日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した「プログラムできる超電導プロセッサーを使った量子超越」と題した論文。量子力学の原理を利用した量子コンピューターの性能が、既存のスーパーコンピューターを上回る「量子超越」を実証したことを初めて示した。「我々のチップで200秒だった計算は、世界最速のスーパーコンピューターを使っても1万年かかる」。グーグルは成果をこう誇る。

 量子コンピューターは次世代計算機として期待されてきた分野だ。実用化すれば、新薬や新素材の探索が劇的に速まる。今、使われている暗号が容易に解読される可能性もあることから、代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインが急落。グーグルの発表は早くも社会にインパクトを与えた格好だ。

 量子コンピューターは扱うのが難しい。計算には絶対零度(セ氏マイナス273.15度)に近い極低温の環境が必要。そのうえで「『0』のときも『1』のときもある」という不思議な性質を持つ「量子ビット」を操らないといけない。