中島聡氏は米マイクロソフト本社で「Windows95」の開発に携わった「伝説のプログラマー」だ。同氏が2019年6月、日本でゲーム会社「コマチゲームズ」を立ち上げた。eスポーツが世界を変えると確信。日本のプログラミング環境を改善しようと新たな挑戦を始める。

<span class="fontBold">元マイクロソフトの中島聡氏はゲーム会社を創業した</span>
元マイクロソフトの中島聡氏はゲーム会社を創業した

 米マイクロソフト(MS)の本社に日本人として初めて移籍し、「Windows95」の設計や開発に携わった中島聡氏が、2019年6月にゲーム会社を立ち上げた。中島氏はビル・ゲイツ氏とも親交があり「伝説のプログラマー」といわれる人物だ。

 「米グーグルがクラウドゲームに参入すると聞き、eスポーツのゲーム開発会社を立ち上げることにした。次の10年を考えたとき、eスポーツ全盛の時代が必ずやってくる。今やるならこれ以外にない」

 中島氏はゲーム開発会社のコマチゲームズを東京に立ち上げた理由をこう説明する。特にオンラインでゲームの腕前を競うeスポーツにフォーカスしていく考えで、従業員は現時点で5人だ。20年にはゲームのプロトタイプを公表する予定だという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り854文字 / 全文1315文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。