「メルセデス・ベンツ」などドイツ勢が席巻する輸入車市場で「ジープ」の伸びが目立っている。既存オーナーを巻き込んだブランド戦略で指名買いを促し、販売台数は9年で10倍になった。「自己表現としての車」に特化する戦略は、コモディティー化の波が迫る自動車産業の一つの道筋を示している。

<span class="fontBold">今年8月に富士山麓で開催されたジープのオーナーイベント</span>
今年8月に富士山麓で開催されたジープのオーナーイベント

 欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のSUV(多目的スポーツ車)「Jeep(ジープ)」が輸入車市場で躍進している。2019年9月の登録台数は前年同月比63%増の1986台となり過去最高を記録。車名別ランキングでスウェーデンの「ボルボ」を抜き「メルセデス・ベンツ」などドイツブランドに続く6位に入った。18年度の販売台数は9年前の約10倍。「日本でアメリカ車は売れない」との通説を覆している。

 「ジープ以外の選択肢は頭に浮かばなかった」。東京・世田谷区に住む50代男性はこう語る。日本メーカーも相次ぎSUVの新型車を出す中、ジープは指名買いの状態を作り出し国産車から顧客を奪っている。

 要因の一つが振り切ったブランド戦略だ。サーフィンやスノーボードなどアウトドアスポーツの世界大会に協賛するほか、日本では「フジロック」などの野外音楽イベントにも出展。アウトドア好きな顧客との接点を徹底的に増やしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り828文字 / 全文1384文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。