ベスト4入りは逃したものの、日本代表の活躍が光ったラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。多くの外国人も観戦に訪れたが、彼らと地元の人々をつなぐ縁の下の力持ちの存在も見逃せない。AI(人工知能)を使った自動翻訳機だ。多くの企業が参入し、成長市場としての期待を高めている。

<span class="fontBold">ソースネクストの「ポケトーク」シリーズは累計出荷台数50万台を突破</span>
ソースネクストの「ポケトーク」シリーズは累計出荷台数50万台を突破

 「カード決済の説明がきちんとできた」「館内の施設を宿泊者に説明できた」──。静岡県の浜松商工会議所の商業観光課には、会員からこんな報告が舞い込んでいる。

 同会議所はソースネクストが開発・販売するAI(人工知能)自動翻訳機「ポケトーク」を500台購入し、地元商店や飲食店、宿泊施設などに貸し出した。ラグビーワールドカップ(W杯)の観戦に訪れた外国人客などへの接客が狙いだ。

 浜松に近い袋井市では9月28日に日本が歴史的勝利を収めたアイルランド戦など4試合を開催。イタリアやロシアなど英語圏以外のサポーターが浜松にも訪れた。宿泊する外国人も多く、74の言語に対応できるポケトークが活躍したわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り936文字 / 全文1378文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。