10月1日、消費増税と同時に政府の後押しで消費者にポイントを還元する「キャッシュレス祭り」が始まった。利用者はうまく使えばお得感を得られるが、手数料負担が小売業を直撃している。各社が打てる手は少ない。政府の支援が終わる来年7月以降への不安が広がっている。

<span class="fontBold">決済手段を示す掲示が目立つ(左)。スギ薬局の杉浦克典社長は「ウルトラCはない」と話した(右下)</span>(写真=左:Natsuki Sakai/アフロ)
決済手段を示す掲示が目立つ(左)。スギ薬局の杉浦克典社長は「ウルトラCはない」と話した(右下)(写真=左:Natsuki Sakai/アフロ)

 「キャッシュレス決済のインパクトで、支払手数料が2割増えた」。ドラッグストアチェーン、スギホールディングス(HD)の事業子会社、スギ薬局の杉浦克典社長は9日、2019年3~8月期決算発表会で頭を抱えた。悩みの種はキャッシュレス決済手数料を含む支払手数料。3~8月期は25億1500万円と前年同期から4億円以上増え、売上高に占める割合は1%になった。

 中小企業ではないスギHDは政府によるポイント還元策の対象にならない。それでも10月を境にキャッシュレスが浸透するとみて4月以降、従来のクレジットカードや「Suica(スイカ)」などの交通系電子マネーに加え、「支付宝(アリペイ)」「PayPay(ペイペイ)」など計8種類を追加した。顧客を逃さないためとはいえ、キャッシュレス決済比率は前年同期比4.7ポイント増の28%となり、手数料も増えてしまった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2191文字 / 全文2707文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。