ドナルド・トランプ 米大統領

9/14@声明
ハムザ・ビンラディンは米国がアフガニスタン、パキスタン地域で実行した対テロ作戦によって殺された

(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は9月14日、国際テロ組織アルカイダの次期指導者と目されていたハムザ・ビンラディン容疑者を米軍が殺害したと発表した。ハムザ氏は2001年の米同時多発テロを首謀したアルカイダの元指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の息子。ウサマ氏も米軍によって8年前に殺害されている。声明では「ハムザはほかのテログループとの接触を担当していた」とした。米メディアは7月、ハムザ氏が死亡したと伝えていた。

米からサウジ攻撃を責められ憤慨

モハンマドジャバド・ザリフ イラン外相

9/15@ツイッター
ポンペオ米国務長官が失敗した「最大限の圧力」は「最大限のペテン」に切り替わった

(写真=ユニフォトプレス)

イランの核開発への圧力を強めるポンペオ氏が9月14日に起きたサウジアラビアの石油施設への攻撃を「イランの仕業」としたことに反発した。

続きを読む 2/3 米FBの新通貨構想に痛手、仏は拒否

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り587文字 / 全文1168文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。