小型・軽量のレンズ交換式カメラとして成長してきたミラーレスカメラ市場で、ソニーの強さが際立っている。8月29日には上位機種の機能を採用した普及価格帯の製品を発表。消費者の囲い込みを急ぐ。ライバルも新商品の投入でソニーに対抗するが、市場そのものに成長鈍化の兆しが出てきたのが気がかりだ。

ソニーはフルサイズから普及機までミラーレスを強化

 「フルサイズミラーレスのテクノロジーを凝縮した」。ソニーグループで映像機器事業を手掛けるソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの田中健二シニアゼネラルマネジャーは、8月29日に発表したミラーレスカメラの新商品をこう表現した。

 今回発表したのは「α6600」と「α6100」の2機種。フルサイズより一回り小さい「APS-C」サイズの画像センサーを搭載した。その分、価格も抑え、想定価格は普及機のα6100で9万円前後になる見通しだ。

 とはいえ、APS-C機としては最速となるAF(自動焦点)機能や被写体の瞳に焦点を合わせ続けられる「瞳AF」など、これまでフルサイズの上位機種で搭載してきた機能を転用した。小型・軽量化だけではなく高画質にもこだわった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り926文字 / 全文1405文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。